株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オープンHが続伸、第3四半期の純利益は前年比71%増を好感◇  8月17日10時04分

 オープンハウス<3288.T>が続伸。同社が14日取引終了後に発表した20年9月期第3四半期累計(19年10月~20年6月)の連結純利益は前年同期比418億9600万円(前年同期比71.1%増)と大幅増益となった。テレワークの拡大などで、仕事のスペースが確保しやすい戸建て住宅に対する関心が高まり、足もとの仲介契約件数が大幅に伸びた。また、プレサンスコーポレーション<3254.T>へ出資し持分法適用関連会社としたことに伴う投資利益も計上した。この日は、戸建て住宅への需要増による業績拡大を好感した買いが流入している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=プリマ、家庭向け需要は高水準
17日韓国・KOSPI=休場
トレンダがS高カイ気配、第1四半期営業利益8.8倍と自社株買いを好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »