株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり反発、円高一服でプラス転換  8月19日16時01分

日経平均は3日ぶり反発。18日の米国市場ではNYダウが66ドル安と続落したものの、ナスダック総合指数やS&P500指数は過去最高値を更新した。NYダウの下落とともに、円相場が一時1ドル=105円台前半まで上昇したことが重しとなり、本日の日経平均は53円安からスタート。ただ、米国株がまちまちだったこともあって節目の23000円を大きく割り込む流れとはならず、円相場の下落とともにプラス圏へ浮上した。後場の寄り付き直後には一時23149.85円(前日比98.77円高)まで上昇したが、その後は上値が重かった。

大引けの日経平均は前日比59.53円高の23110.61円となった。東証1部の売買高は9億1533万株、売買代金は1兆6966億円だった。業種別では、不動産業、その他金融業、空運業が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、精密機器、電気機器が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の51%、対して値下がり銘柄は44%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が4日ぶりに反発し、3%超の上昇。任天堂<7974>とZHD<4689>は6日続伸した。ソフトバンクGとZHDでは外資系証券の目標株価引き上げが観測されている。NEC<6701>や富士通<6702>も米中ハイテク戦争を巡る思惑などから堅調ぶりが目立った。その他ではトヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>が小じっかり。中小型株ではブイキューブ<3681>が賑わい、制限値幅拡大のソフトブレーン<4779>が東証1部上昇率トップとなった。一方、米ファンドによる株式売却が伝わったソニー<6758>は2%超の下落。米半導体株安を引き継いで東エレク<8035>やレーザーテック<6920>も軟調で、アドバンテス<6857>は3%近い下落となった。また、ファイバーゲート<9450>などが東証1部下落率上位に顔を出した。



<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »