株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発、薄商いも朝安後に切り返す展開に  8月19日11時45分

 19日前引けの日経平均株価は前営業日比50円68銭高の2万3101円76銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億4742万株、売買代金概算は8334億8000万円。値上がり銘柄数は908、対して値下がり銘柄数は1110、変わらずは134銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場では強弱感が対立し日経平均は前日終値を挟み方向感の定まりにくい動きとなった。朝方は安かったものの、その後は下げ渋り前場後半はプラス圏で売り物をこなした。外国為替市場でドル安・円高基調にあることは警戒されているものの、前日の米国株市場でハイテク株比率の高いナスダック総合指数やS&P500指数が最高値に買われた流れで徐々にリスクを取る動きが優勢となった。売買代金は低調で1兆円台を下回っている。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が売買代金トップで株価も堅調。任天堂<7974.T>も物色人気。NEC<6701.T>、富士通<6702.T>も買われた。ブイキューブ<3681.T>が大幅高。テモナ<3985.T>、アイモバイル<6535.T>が値を飛ばし、ユーグレナ<2931.T>も物色人気。半面、ソニー<6758.T>が軟調、東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>など半導体関連も安い。ダイキン工業<6367.T>も売りに押された。オイシックス・ラ・大地<3182.T>が利食われたほか、ファイバーゲート<9450.T>も大幅反落。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・19日>(前引け)=アンビション、アクロディア、ユーグレナ
任天堂は6連騰で12年ぶり高値圏走る、スイッチ独り勝ちで巣ごもりの象徴株に
東エレク、アドバンテなど売られる、アプライドマテリアルズなど米半導体株安が波及◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »