株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リソー教育が大幅反落、21年2月期中間配当及び第3四半期配当を無配に修正  8月24日10時15分

 リソー教育<4714.T>は大幅反落。前週末21日の取引終了後、6円を予定していた21年2月期の中間配当と、未定としていた第3四半期配当を無配に修正したことが嫌気されている。分配可能額を超えて配当を実施していたことが7月に発覚したため、再発防止策が完了するまで四半期配当を見送るとしている。なお、期末配当予想(前期期末3円、通期12円)については引き続き未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
マルマエが4日続落、中期事業計画の1年延長と目標数値引き下げを嫌気
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
<注目銘柄>=太陽HD、半導体向け需要が好調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »