株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

リブワーク後場急伸、株主優待制度の実質拡充を好感  8月24日13時33分

 Lib Work<1431.T>が後場急伸し上場来高値を更新している。同社は21日の取引時間中に、9月末を基準日として1株を2株に株式分割すると発表したが、この日の前引け後にそれに伴う株主優待制度の拡充を発表しており、これが好材料視されている。

 同社では毎年6月末、9月末、12月末、3月末時点で1単元(100株)以上を保有する株主を対象に株主優待を実施してきたが、分割後も従来の優待内容を維持するとしており、実質拡充となる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
高見サイはしっかり、腰高式ホームドアを小田急が採用◇
債券:国債買いオペ、「残存期間3年超5年以下」の応札倍率2.56倍
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »