株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

タマホーム Research Memo(9):減益見込みで減配予定も、株主優待も含めた単元当たり投資利回りは約6~7%に  8月25日15時19分

■株主還元策

タマホーム<1419>は株主還元策として配当金と株主優待制度を導入している。配当に関しては、将来の成長に向けて必要な内部留保を確保しつつ、経営成績に応じて安定的な配当を継続していくことを基本方針としている。2021年5月期の1株当たり配当金は業績が減収減益見込みであることを鑑み、前期比10.0円減配の60.0円(配当性向44.2%)を予定している。

株主優待制度では毎年5月末及び11月末の株主に対して、同社特製QUOカードの贈呈(3年未満保有で500円、3年以上継続保有で1,000円)を行っている。配当と株主優待を含めた単元当たり投資利回りは、2020年7月29日の株価(1,167円)を基準とすると約6%の水準(3年以上継続保有で約7%)となる。


■情報セキュリティ対策

同社は情報セキュリティ対策として、ウイルス対策ソフトやファイアウォール導入による不正アクセスの防止等の安全対策を終えているほか、情報システムのクラウド化への移行についてもほぼ完了している。今までサイバーテロの被害はないものの、その対策には引き続き取り組んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »