株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ゴルドウイン、アスレジャーのトレンドが追い風  8月26日10時02分

 ゴールドウイン<8111.T>が上昇機運を強めており、9000円台乗せを目指す動きが期待できる。

 8月6日に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、営業損益が4億7900万円の赤字(前年同期19億200万円の黒字)と第1四半期として4期ぶりの営業損失となった。約2カ月間に及ぶ直営店閉鎖の影響が大きかったが、期初見通しは上回って推移した。

 第1四半期中は直営店が全店休業状態として見通しを策定していたが、6月下旬に全店舗で営業を再開したことが要因。注目は直営店の閉鎖中にもEC販売と卸販売が売上高を支えたことだ。自社ECは第1四半期に前年同期比31%増と好調に推移。卸販売も安定した業績推移を示した。

 加えて、自宅フィットネスやランニングウェア、在宅勤務時のウェアなどの用途でアウトドア関連が堅調な推移となっていることにも注目したい。こうしたアウトドア向けウェアを普段着として着る「アスレジャー」のトレンドは、ポストコロナ時代の新しいライフスタイルとして定着していくとみられ、同社にプラスに働こう。

 第1四半期決算発表と同時に21年3月期業績予想で営業利益を35億円から81億円(前期比53.7%減)に上方修正したが、市場予想平均は130億円強で上振れ余地が大きい。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タカショーは一時S高、21年1月期営業利益及び配当予想を上方修正
ミナトHD新高値、クラウド会議システム子会社化や安川電機系との取り組みに期待◇
かんぽ生命が続伸、10月以降に営業再開と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »