株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=パーク24、月次売上高総利益が回復基調で仕込み好機  8月28日10時01分

 パーク24<4666.T>は底入れ反転トレンドを明示、中期トレンドを示す75日移動平均線とのマイナスカイ離を解消しており、ここは買いで対処したい。

 同社は駐車場サービス大手で時間貸し駐車場「タイムズパーキング」を展開するほか、そのスペースを活用したカーシェアリングサービスなどで業容拡大を図っている。新型コロナウイルス感染症の影響により、20年10月期第2四半期(19年11月~20年4月)は駐車場の稼働やモビリティサービスの利用が低下し、営業赤字に転落した。しかし足もとでは、国内外で経済活動再開に伴いタイムズパーキング月次売上高も回復傾向にある。ペースは緩やかではあるものの、売上高総利益率は4~5月の赤字から、6月は11.5%、7月は20.4%と、月を追うごとに改善している。また、新型コロナ感染防止の観点から、車での移動ニーズが高まっており、カーシェア事業のポテンシャルにも注目したい。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
メタウォータが7日ぶり反発、9月末を基準日として1株を2株に株式分割へ
クスリアオキが反落、8月既存店売上4%減で16カ月ぶり前年下回る
サムティは大幅反発、自社株取得枠を拡大へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »