株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:BUYSELLは急騰、コプロHDがストップ高  8月31日16時19分

<6232> ACSL 2660 +296
急騰。産業用ドローンの研究開発などを手掛けるエアロネクスト(東京都渋谷区)と同社の機体構造設計技術「4D GRAVITY」を搭載した産業用ドローンの共同開発契約と開発機体の製造・販売に関する4D GRAVITY特許群のライセンス契約を締結したと発表している。物流領域に特化したドローンに同技術を活用することで、安定性・効率性・機動性を向上させる。

<7685> BUYSELL 2975 +331
急騰。ブランド品買い取りのダイヤコーポレーションの発行済株式の一部を取得する株式譲渡契約と株式交換契約を締結したと発表。取得価額は16.66億円。株式交換ではダイヤコーポレーション株1株に対し、BuySell Technologies株8750株を割当交付する。ダイヤコーポレーションのコスメ事業を会社分割で切り離し、リユース事業を完全子会社化する。株式交換の効力発生日は11月6日。

<6862> ミナトHD 527 +80
ストップ高。17日付で公表したテレビ会議システムを取り扱うプリンストン(東京都千代田区)の株式取得(完全子会社化)が完了したと発表している。取得価額は非開示。これに伴い、21年3月期の営業利益予想を従来の1.50億円から1.80億円(前期実績3.05億円)に上方修正した。プリンストンが手掛けるビデオ会議システムなどの需要が底堅く推移すると見込む。

<3359> cotta 913 +85
急伸。お菓子・パン作りの通販メディアサイト「cotta(コッタ)」の累計会員数が100万人を突破したと発表。同社では4、5月に開催した「無料パンキットの1万人プレゼントキャンペーン」が会員増に貢献したとみており、第2弾のプレゼントキャンペーンも準備中としている。新型コロナウイルスの収束が見えない中、引き続き巣ごもり需要が期待できるとの見方が投資家の買い意欲を刺激しているようだ。

<6677> エスケーエレク 1029 +71
急伸。10月からRFID事業の新製品「電子ペーパータグEP-01」のサンプル販売を開始すると発表している。RFIDと電子ペーパーを組み合わせたDX(デジタルトランスフォーメーション)製品で、ワイヤレスで表示データを随時更新し、工場での製造工程や倉庫内物流工程の業務の効率化を図ることができる。また、完全バッテリーレスで電池交換などのメンテナンスが不要という。

<7059> コプロHD 3345 +500
ストップ高。東証及び名証の承認を受け、9月11日から上場区分がそれぞれの証券取引所の第1部に変更になると発表している。形式要件の充足を図るため、23万株の立会外分売を実施する。予定期間は9月7-10日。東証1部上場で10月末からTOPIXの構成銘柄に組み入れられるため、指数に連動した運用を目指すパッシブファンドなどの需要を期待した買いが広がっているようだ。

<4347> ブロメディア 105 -12
急落。21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業利益を前年同期比7.2%減の1.29億円と発表している。セグメント別にみると、教育が増益となったものの、新型コロナウイルスの影響で日本語吹替制作が延期や中止となり、スタジオ・コンテンツの営業赤字が拡大した。釣り専門番組を提供する放送セグメントがロケ自粛で新番組が放送できず、スポンサー収入が減少したことも響いた。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »