株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オイシックス---ボリバン+1σ割れからの反転  8月31日12時41分

直近急伸後の調整が続いていたが、ほぼ半値押し水準からのリバウンドを見せてきている。ボリンジャーバンドでは+3σ超えから、直近では+1σを下回ってきたことから、過熱感は後退。一目均衡表では基準線が支持線として機能する形でのリバウンドの流れに。MACDは短期で陰転シグナルを発生させているが、週足形状では陽転シグナルが継続。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »