株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デルタフライ反発、「DFP-10917」「DFP-14927」の進捗状況を好感  8月31日13時18分

 Delta-Fly Pharma<4598.T>が3日ぶりに反発している。午後0時15分ごろ、米国で臨床試験を行っている「DFP-10917」及び「DFP-14927」の進捗状況を発表しており、これが好材料視されている。

 それによると、難治性・再発急性骨髄性白血病患者を対象とした「DFP-10917」の第3相臨床試験は、新薬承認申請用の原薬と最終製剤は確保済みであり、22年度中に米国で上市する方針に変更はないとする一方、末期の固形がん患者を対象とした「DFP-14927」の臨床第1相試験については、現在の投与量付近で安全性が確認でき次第、最適のがん種を選定し、第2相臨床試験に相当する拡大試験へ移行する予定としている。なお、同件による業績への影響は現時点ではないという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
妙徳は一時13%高で5連騰、多彩なロボットハンドキットで成長期待
渋谷工は反発、自動細胞培養システムを使用した自己骨髄細胞による肝臓再生療法の治験開始
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »