株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・1日>(前引け)=ハイパー、駅探、アクロディア  9月01日11時34分

 ハイパー<3054.T>=大幅高で続伸。寄り後も目先筋の利益確定売りを吸収し一気に600円台に歩を進める場面があった。同社は企業向けパソコン販売を展開するほか、「テレワーク推進パッケージ」の販売などテレワーク関連株としてもマーケットの注目度が高い。8月31日取引終了後、ビットブレイン(福井市)が提供する医療機関向けリモートデスクトップツール「SPG-Remote Medical」を販売開始することを発表しており、これが株価を強く刺激する格好となった。

 駅探<3646.T>=カイ気配。8月31日の取引終了後、人工知能(AI)を活用したオンデマンド型配車システムなどを提供する未来シェア(北海道函館市)と、日本国内におけるMaaS事業推進を目的に業務提携することで基本合意したと発表したことが材料視されている。今回の提携により、駅探は未来シェアからオンデマンド配車機能やMaaSに関する2次交通情報の提供を受ける一方、駅探からは公共交通機関など定時制のある移動手段の経路検索機能や決済機能を含めたMaaSプラットフォーム、また観光型MaaSに対応したインバウンドプロモーション機能の提供を行うという。なお、21年3月期業績への影響は現時点で不明としている。

 アクロディア<3823.T>=動意含み。前週は調整色の強い展開だったが目先は動きを一変させ、きょうは5日移動平均線を上回るなど切り返し歩調を強めている。同社は31日取引終了後、新型コロナウイルス対応PCR検査サービスで検査機関の早川予防衛生研究所(東京都新宿区)とパートナーシップを締結したことを発表、これが材料視されている。早川予防衛生研究所と協業のもと、新型コロナウイルス対策ソリューションの一環としてPCR検査サービスを提供していく方針。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
駅探は大幅続伸、MaaS推進で未来シェアと業務提携
ハイパーが大幅高で一時600円台回復、医療機関向けリモートデスクトップツールの販売開始
アクロディアは動き一変、早川予防衛生研究所とPCR検査で協業へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »