株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ハイパーが大幅高で一時600円台回復、医療機関向けリモートデスクトップツールの販売開始  9月01日09時24分

 ハイパー<3054.T>がカイ気配で水準を切り上げ、前日比50円高の594円で寄り付く人気となった。寄り後も目先筋の利益確定売りを吸収し一気に600円台に歩を進める場面があった。同社は企業向けパソコン販売を展開するほか、「テレワーク推進パッケージ」の販売などテレワーク関連株としてもマーケットの注目度が高い。8月31日取引終了後、ビットブレイン(福井市)が提供する医療機関向けリモートデスクトップツール「SPG-Remote Medical」を販売開始することを発表しており、これが株価を強く刺激する格好となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トリケミカルはカイ気配スタート、上期営業利益34%増で従来予想上回って着地
フロンティMが大幅続伸、7日付で東証1部へ市場変更
アクロディアは動き一変、早川予防衛生研究所とPCR検査で協業へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »