株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=前沢工、「水ストレス」時代のキーカンパニー  9月01日10時01分

 前澤工業<6489.T>の400円台前半のもみ合いは積極的に狙ってみたい。上水道及び下水道用機械の大手メーカーで官公庁向けに高い実績を持つ。下水道分野では沈砂池設備でトップ、二点DO制御技術が高い評価を得ている。水害対応へのニーズや2025年以降に深刻化するといわれる「水ストレス」問題などで同社の存在が注目度を増す公算大。

 業績面では20年5月期営業利益が前の期比35%増の17億7800万円と高水準の伸びを達成し、好決算を背景に年間配当も2円増配の14円とした。3%を超える配当利回りは魅力だ。21年5月期は小幅減益予想ながら、トップラインは増収を確保できる見通し。PER7倍台、PBR0.4倍台の時価は株価指標面から割安感が際立つ。株価は2015年7月の高値550円奪回が当面の目標となる。(銀)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三菱商が続伸で戻り高値クリア、バフェット効果で人気継続し売買代金も第3位に急浮上
日本テレホンが続騰、自民党総裁選での菅氏優勢伝わり思惑買い継続◇
マクロミルは朝高のマイナスに転じる、21年6月期営業利益8.6倍予想も材料出尽くし感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »