株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 出前館、チェンジ、ブイキューブなど  9月02日07時15分

銘柄名<コード>1日終値⇒前日比
ブランディング<7067> 1357 +9
空気浄化装置「ReSPR」の国内販売でレカム<3323>と業務提携。

スパンクリート<5277> 370 +57
菅氏の総裁就任が濃厚との見方から東北に地盤の同社に思惑。

出前館<2484> 2800 +491
特に新規材料は観測されていないものの後場に出来高伴い急伸。

ウエストHD<1407> 2895 -6
非FIT太陽光発電所の運転開始で大阪ガスへ電力供給開始。

チェンジ<3962> 8160 +740
ふるさと納税の関連銘柄として物色。

ダントーHD<5337> 267 +16
特別利益の計上で最終利益予想を上方修正。

ヴィッツ<4440> 4010 +355
インデックス買い終了後の売りにも一巡感。

エル・ティー・エス<6560> 3830 +355
テレワーク関連の一角として関心か。

ブイキューブ<3681> 1814 +134
米ズームの好決算発表なども刺激に。

ラクーンHD<3031> 1387 +114
決算発表接近による期待感なども。

リンクアンドモチベーション<2170> 373 +18
特に材料ないが買い戻し優勢の流れか。

タケエイ<2151> 1030 +51
発行価格決定で目先のあく抜け感も。

テラスカイ<3915> 4825 +300
スピード調整一巡感で押し目買いも優勢に。

BEENOS<3328> 1727 +94
越境ECの包括的業務提携をロコンドと締結。

新日本電工<5563> 208 +16
190円レベルでの底堅さ意識で買い戻し優勢。

内田洋行<8057> 5560 -770
今期減益見通しを受けて失望感も。

日本ケミコン<6997> 1516 -187
新株予約権の発行による潜在的な希薄化を嫌気。

ハイアス・アンド・カンパニー<6192> 306 -26
新たな疑義検出で決算発表を延期と。

イトーキ<7972> 339 -26
通期の想定以上の大幅減益見通しをネガティブ視。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »