株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ラック、テレワーク時代のセキュリティーで再評価へ  9月04日10時01分

 ラック<3857.T>に注目したい。株価は調整一巡感が強まっており、堅調な業績を背景に再評価機運が高まっている。トップレベルのセキュリティー技術を駆使し、ITトータルソリューションを提供する。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなか、テレワークの普及加速を背景に、在宅勤務向けのIT環境見直しやサイバー攻撃への対策ニーズが同社の事業環境にとっては追い風となる。

 第1四半期(4~6月)連結営業損益は、3億1600万円の赤字(前年同期は1億4500万円の赤字)だった。セキュリティソリューションサービス(SSS)事業での体制強化のための投資のほか、在宅勤務などの負担に対する社員への特別支援一時金の支給などが響いた。ただ、セキュリティー製品販売で、サービス妨害型攻撃にも対応したWebセキュリティー対策をはじめとするクラウド対応製品などが拡大したことが寄与し、売上高は91億8600万円(前年同期比0.2%増)と横ばいを維持している。21年3月期通期営業利益は21億5000万円(前期比22%増)と急回復が予想されている。株価は昨年6月につけた高値水準の1800円台を目指す展開が見込める。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
VIX短先物は一時12%超高、米「恐怖指数」は33.60に急上昇
4日韓国・KOSPI=寄り付き2332.68(-63.22)
明和産は反発、新エネルギー自動車電池の協業検討に関する覚書を締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »