株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ピースリーは急騰、北川精機が3日続伸  9月09日17時59分

<6757> OSGコーポ 2344 +33
年初来高値。21年1月期の営業利益を従来予想の8.25億円から12.00億円に上方修正している。マスク着用に伴う熱中症に対する警戒感から水自動販売機事業やウォータークーラー事業が回復しつつあるほか、衛生管理機器事業での需要を見込む。第2四半期累計営業利益は水関連機器事業が伸び、前年同期比94.4%増の7.13億円で着地し、会社予想(4.00億円)を上回った。

<6095> メドピア 4345 -125
朝高後マイナス転換。東証の承認を受け、15日から上場市場が第1部に変更になると発表している。市場変更を受け、メドピアは「グループ一体となって更なる業容の拡大と企業価値向上に努める」とコメントしている。同社株は10月末からTOPIXに組み入れられる。

<2705> 大戸屋HD 2780 -30
4日続落。コロワイド<7616>が実施していた敵対的TOB(株式公開買い付け)が買い付け予定数の下限に達し、成立したと発表している。コロワイドの所有割合は46.77%となった。しかし、大戸屋HDはTOBに対して反対の意見表明をしており、8月14日にはオイシックス・ラ・大地<3182>との業務提携を公表した。今後、経営をめぐる対立が長引きかねないとの懸念から売り優勢に。

<6327> 北川精機 575 +30
3日続伸。1月9日に付けた年初来高値(559円)を8カ月ぶりに更新。35万株(2億円)を上限とする自社株買いを実施すると発表し、材料視されている。発行済株式総数に対する割合は4.58%。8日の終値(545円)で9日朝方の立会外取引(ToSTNeT-3)で買付けを委託する。株主への利益還元向上に加え、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を行うことが目的。

<6696> ピースリー 785 +78
急騰。21年1月期上期営業損益をを0.79億円の赤字(前年同期実績0.91億円の赤字)と発表している。メディアプラットフォーム展開のための商談や各種端末出荷に先立つ開発、商材の選別で売上総利益が1.40億円(前年同期は0.72億円)と倍増した結果、会社予想(0.89億円の赤字)より赤字額が縮小した。なお、通期予想は0.81億円の黒字で据え置いた。

<4563> アンジェス 1522 +26
続伸。新型コロナウイルス向けDNAワクチンについて、大阪大学医学部附属病院での第1/2相臨床試験を予定通り開始したと発表している。試験の速報結果は20年第4四半期に公表する。また、米国のBrickell Biotech社と同ワクチンに関する共同開発契約を締結したことを明らかにしている。検討中の米国での臨床開発に関しては、同社と協議の上で進めるという。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »