株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反落、米ハイテク株安を嫌気も下げ渋り、直近IPOのKIYOストップ高  9月09日17時03分

 本日のマザーズ市場では、米ハイテク株が連休前に続き大きく下落したことを受け、朝方から売りが先行した。ただ、マザーズ指数は1100pt近辺に位置する25日移動平均線がサポートラインとして意識されているもようで、下値を模索するような展開とはならなかった。朝方や引け前には下げ渋る場面も見られた。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1704.64億円と8月11日以来の低水準。騰落数は、値上がり100銘柄、値下がり218銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>やフリー<4478>、売買代金上位のニューラル<4056>やメドピア<6095>が下落。メルカリは引けにかけて下げ渋り、小幅安にとどまった。反面、メドピアは東証1部への市場変更を発表して買いが先行したものの、伸び悩んだ。また、直近IPO(新規株式公開)銘柄のサンアスタリスク<4053>は先週までの大幅な上昇に対する反動が強まり、下落率トップとなった。一方、時価総額上位ではラクス<3923>、売買代金上位ではアンジェス<4563>が上昇。アンジェスは新型コロナウイルス向けDNAワクチンの臨床試験開始を発表している。マイナンバー関連のITbookHD<1447>は大幅反発。また、パートナーA<6181>が上昇率トップとなり、直近IPO銘柄のKIYO<7353>はストップ高を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »