株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ラクスル---ストップ高、前期業績は想定以上に赤字額縮小へ  9月11日13時31分

ラクスル<4384>はストップ高。前日に20年7月期の決算を発表、営業損益は2.4億円の赤字で前期比3.9億円の損益悪化となっている。ただ、コストコントロール強化策などが奏効して収益性は改善、従来見通しは3.4-4.2億円の赤字見通だったなか、レンジ予想上限を上回る着地になっている。5-7月期は1.9億円の営業黒字となっている。21年7月期予想レンジは1.5億円の赤字から0.5億円の黒字であるが、前四半期の数値からはさらなる収益改善も期待される形に。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »