株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ポプラが急動意、ローソンと共同事業契約締結がポジティブザプライスに◇  9月11日09時06分

 ポプラ<7601.T>が急動意、400円近辺で収れんする5日・25日移動平均線を足場に上げ足を加速している。10日取引終了後、ローソン<2651.T>と共同事業契約を締結することを発表、これがポジティブサプライズとなった。全体の約3分の1にあたる140店舗を売却する一方、子会社ポプラリテールを設立してこのうちの126店舗を継承し、ポプラ、生活彩家、スリーエイトブランドの一部店舗を「ローソン・ポプラ」「ローソン」ブランド店舗に転換して運営する計画。これがポジティブサプライズとなり、業容拡大に期待した買いが流入した。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(寄り付き)=反落、NYダウ下落を受け売り先行
11日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万3030円(-65円)
<個人投資家の予想> 09月11日 08時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »