株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場見通し:米ハイテク株安も冷静に受け止め底堅く、IPOでは雪国まいたけ  9月12日14時45分

今週の新興市場では、マザーズ指数が1100pt台前半で一進一退の展開となった。動向が注目される米ハイテク株は3連休明けも利益確定売りに押される場面が多かった。マザーズでも積極的な買いは手控えられ、1日当たりの売買代金は1000億円台後半の水準まで減少。ただ、パニック的な売りが市場全体に広がることもなく、マザーズ指数は1100pt近辺に位置する25日移動平均線を割り込むことなく推移した。過熱感のあった直近IPO銘柄などが売られる一方、経済活動の再開や政策の追い風に期待した物色が散見された。なお、週間の騰落率は、日経平均が+0.9%であったのに対して、マザーズ指数は-0.4%、日経ジャスダック平均は+0.2%だった。

個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ<4385>が週間で3.4%安、フリー<4478>が同1.5%安、弁護士ドットコム<6027>が同6.1%安と軟調。売買代金上位では直近上場のSun Asterisk<4053>が過熱感から大きく値を崩し、バーチャルライブアプリで注目されていたイグニス<3689>も材料出尽くし感から売りが続いた。また、シャノン<3976>は決算を受けて急落し、週間のマザーズ下落率トップとなった。一方、コロナ禍で損益改善と報じられたBASE<4477>は同4.8%高、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を開始したアンジェス<4563>は同4.6%高と堅調。また、マイナンバー関連のITbookHD<1447>が上昇率トップとなった。ジャスダック主力では日本マクドナルドHD<2702>が8月既存店売上の好調を受けて同2.0%高となり、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>も同11.0%高と上げが目立った。また、メディア・リンクス<6659>の人気が続き、週間のジャスダック上昇率トップとなった。一方、ワークマン<7564>が同2.4%安、セリア<2782>が同3.9%安と軟調で、日本テレホン<9425>などが下落率上位に顔を出した。

来週の新興市場では、米ハイテク株の動向睨みで神経質な相場展開が続きそうだが、マザーズ指数は底堅く推移するだろう。米ハイテク株はまだまだ不安定な展開を強いられているが、ここまでの上昇ピッチが急だっただけに「健全な調整」と受け止める向きが多いようだ。また、足元の株式市場では経済活動再開への期待が物色の手掛かりとなっているが、移動量の増加とともに新型コロナ感染者も増える状況から抜け出した国は多くない。「ウィズコロナ」を意識した新興株物色は根強く続くとみる。

来週は、9月14日にジェネレーションパス<3195>、GA technologies<3491>、スマレジ<4431>、サンバイオ<4592>、ブシロード<7803>、18日にALBERT<3906>などが決算発表を予定している。EC(電子商取引)サイト運営のジェネパは月次売上高が好調に推移。不動産テックのGATECHも成長期待が高い。ブシロードはイベント規制の緩和観測で動向が注目されそうだ。

IPO関連では、9月17日に雪国まいたけ<1375>が東証1部へ新規上場する。実質的に2015年以来、およそ5年ぶりの再上場となるが、投資ファンドの売出規模が大きい。業績こそコロナ禍中に堅調だが、需給懸念が先行する可能性がある。また、今週は日通システム<4013>(10月13日、マザーズ)、アースインフィニティ<7692>(10月16日、ジャスダック)の新規上場が発表されている。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »