株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

鳥貴族が大幅続落、20年7月期最終損益は赤字幅拡大  9月14日13時40分

 鳥貴族<3193.T>が大幅続落している。11日の取引終了後に発表した20年7月期単独決算が、売上高275億3900万円(前の期比23.2%減)、営業利益9億8300万円(同17.4%減)、最終損益7億6300万円の赤字(前の期2億8600万円の赤字となり、最終赤字幅が拡大したことが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための営業自粛や営業時間の制限などが大きく影響した。また、雇用調整助成金約7億6800万円を特別利益として計上する一方、営業自粛期間における店舗臨時休業による損失約18億9000万円を特別損失として計上したことも響いた。なお、21年7月期業績予想は、現時点で適正かつ合理的な予想を算定することは困難として未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 09月14日 13時
J・TECが後場急動意、自家培養口腔粘膜上皮「COMET01」の製造販売承認を申請
日シス技術が急騰、レセプトデータ自動点検・分析システムの需要獲得進む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »