株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、米ハイテク株安と円高で買い手控え  9月17日11時48分

 17日前引けの日経平均株価は前営業日比174円07銭安の2万3301円46銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億5786万株、売買代金概算は1兆260億2000万円。値上がり銘柄数は750、対して値下がり銘柄数は1296、変わらずは124銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は主力株をはじめリスク回避の売りが優勢となった。前日の米国株市場でハイテク株に売りがかさみナスダック総合指数が軟調だったことや、外国為替市場でドル安・円高に振れたことも全体の地合いを悪くした。ファーストリテイリングなど値がさ株が軟調で指数の足を引っ張っている。値下がり銘柄数は1300近くに達した。前場の売買代金はわずかながら1兆円台を上回っている。

 個別では任天堂<7974.T>が安く、レーザーテック<6920.T>も軟調。JR東日本<9020.T>も売りに押された。ファーストリテイリング<9983.T>が値を下げ、日本電産<6594.T>も冴えない。新日本科学<2395.T>が大幅安、メディカル・データ・ビジョン<3902.T>も安い。半面、チェンジ<3962.T>が高く、キーエンス<6861.T>も堅調。味の素<2802.T>も上昇した。ワタベウェディング<4696.T>が急騰、ダントーホールディングス<5337.T>も値を飛ばした。ジーンズメイト<7448.T>、アスクル<2678.T>も大幅高。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・17日>(前引け)=イノベーション、コーセル、千趣会
任天堂は反落、スイッチのオンライン有料会員2600万人突破も目先利食い売り
千趣会はカイ気配のまま水準切り上げる、JR東日本と資本業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »