株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=オルアバウト、主力の「サンプル百貨店」が好調  9月17日10時01分

 オールアバウト<2454.T>は8月7日に年初来高値1224円をつけたあと、8月28日には888円と75日移動平均線の水準まで調整。足もとでは5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが実現しており、出直りが期待される。

 足もと業績は堅調で、8月7日に公表した21年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、経常損益が2億1200万円の黒字(前年同期は800万円の赤字)に浮上。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にeコマースの利用が増加するなか、国内最大級のサンプルモールで主力の「サンプル百貨店」が売り上げ・利用者数ともに拡大したことなどが業績を押し上げた。あわせて発表した21年3月期通期の連結経常利益予想は前期比12.3%増の4億9000万円となる見通し。「サンプル百貨店」の継続的な成長を見込んでいるほか、NTTドコモ<9437.T>の総合通販サイト「dショッピング」の共同運営を7月から開始したことなどが寄与するとみている。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アスコットがS高、20年9月期営業利益予想48%増に上方修正
イノベーションが一時ストップ高、コロナ禍のリスク限定的で今期経常を最高益予想に大幅増額
ヴィスは反発、東証が17日付で貸借銘柄に選定


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »