株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=北の達人、GC示現で中期上昇トレンド入り  9月18日10時05分

 北の達人コーポレーション<2930.T>に注目したい。足もとで25日・75日の移動平均線のゴールデンクロスを示現しており、中期的な上昇トレンド入りを示唆している。

 健康食品や化粧品を中心にネット通販を手掛けており、便秘やアトピー、エイジングケアといった幅広い消費者ニーズやニッチ分野に特化した商品展開で急成長を遂げている。21年2月期の会社側計画では、営業利益が前期比31.2%減の20億600万円を見込んでいるが、今期は、体制整備や人材教育の充実を図り、中長期的な成長を見据えた内部組織体制の立て直しなど飛躍に向けた前段階と位置付けられる。

 7月に発表した第1四半期(3~5月期)の単独業績で、売上高は22億6800万円(前年同期比5.0%減)、営業利益が5億6100万円(同1.4%増)となった。新型コロナウイルス感染症の影響から新規顧客の獲得件数が減少し減収となったものの、広告投資を抑制し、既存顧客へのアプローチを本格的に実施するなどの施策が利益面で奏功した。また、前期から着手した海外事業では、台湾を始めとしたアジア圏への進出に力を入れ、将来を見据えた種まきにも余念がない。21年2月期業績は新型コロナの影響に伴う一過性の落ち込みにとどまる可能性が高く、通販市場拡大の恩恵を享受した中長期的な成長シナリオに陰りはない。信用取組は信用倍率0.7倍と売り長で、株式需給面は良好であり下値抵抗力が発揮されやすい強みもある。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
シンバイオはしっかり、20年12月期営業損益予想を赤字幅縮小に上方修正
三協フロンテは一時18%高、21年3月期業績及び配当予想を上方修正
DWTIがS高カイ気配、米グラウコスとの共同研究で対象疾患追加と新たなライセンス契約締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »