株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY債券:米長期債相場はもみ合い、消費者信頼感改善で利回りは下げ渋る  9月19日07時08分

18日の米国長期債相場はもみ合い。この日発表された9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は78.9で市場予想を上回ったことから、10年債利回りは反転した。米商務省は国家安全保障上の懸念から、「中国発の短編動画投稿アプリ「TikTok」と対話アプリ「微信」の米国内での新規ダウンロードを9月20日から禁止する」と発表したことを嫌って米国株式は下落したが、一部経済指標の改善を受けて債券利回りは下げ渋った。10年債利回りは一時0.666%近辺まで低下したが、取引終了時点にかけて0.697%近辺まで上昇した。

イールドカーブは、わずかにスティープニング気配で推移。2年−10年は+55.80bp近辺、2年−30年は+131.60bp近辺で引けた。2年債利回りは0.14%(前日比:0bp)、10年債利回りは0.69%(同比:0bp)、20年債利回りは、1.23%(前日比:+1bp)、30年債利回りは1.45%(同比:+1bp)で取引を終えた。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »