株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円は104円半ばで推移、中国本土株式の動向が手掛かり材料に  9月22日11時35分

22日のアジア市場でドル・円は104円50銭近辺で推移。中国本土株式はさえない動きが続いているが、下げ止まる可能性がある。ただし、クロス円取引に絡んだ円買いがただちに縮小する保証はないため、ドルの上値は引き続き重いままとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円46銭から104円75銭、ユーロ・ドルは1.1753ドルから1.1774ドル、ユーロ・円は122円85銭から123円28銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米中分断懸念
・米低金利政策の長期化

・NY原油先物(時間外取引):高値39.99ドル 安値39.76ドル 直近値39.93ドル



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »