株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比335円安の22885円  9月23日07時54分

ADR(米国預託証券)の日本株は、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、オリンパス<7733>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、HOYA<7741>、三井住友<8316>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、オムロン<6645>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル104.94円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比335円安の22885円。

米国株式相場は反発。ダウ平均は140.48ドル高の27288.18ドル、ナスダックは184.84ポイント高の10963.64ポイントで取引を終了した。9月リッチモンド連銀製造業指数が予想外に上昇、8月中古住宅販売件数も14年ぶり高水準に達し良好な経済指標を好感し、上昇して寄り付いた。欧州で広がっている新型コロナウイルス第2波への懸念が広がったものの、パウエルFRB議長やムニューシン財務長官が下院の証言で依然追加経済救済策が必要であると主張すると、引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円48銭から105円08銭まで上昇して104円92銭で引けた。米国の9月リッチモンド連銀製造業指数が改善したほか、8月中古住宅販売件数は14カ月ぶりの高水準に達し、エバンス米シカゴ連銀総裁が「インフレ平均2%目標達成前の利上げも可能」としたことなどから、ドル買いが優勢となった。パウエルFRB議長とムニューシン米財務長官は「回復が予想を上回るとし、引き続き追加経済支援が必要」との考えを示したこともドルを支援した。ユーロ・ドルは、1.1761ドルから1.1692ドルまで下落して1.1710ドルで引けた。域内の新型ウイルス第2波への警戒感に加え、欧州中央銀行(ECB)のパネッタ理事が「積極的な対応のリスクは、消極的な対応のリスクより小さい」としたため追加緩和観測も強まりユーロ売りは継続。

NY原油先物11月限は小幅高(NYMEX原油11月限終値:39.80 ↑0.26)。


■ADR上昇率上位銘柄(22日)
<7733> オリンパス 20.44ドル 2145円 (22円) +1.04%
<9983> ファーストリテイ 62.37ドル 65451円 (581円) +0.9%
<8252> 丸井 37.46ドル 1966円 (17円) +0.87%
<7974> 任天堂 71.5ドル 60026円 (326円) +0.55%
<1812> 鹿島 12.54ドル 1316円 (7円) +0.53%


■ADR下落率上位銘柄(22日)
<7752> リコー 6.33ドル 664円 (-37円) -5.28%
<8303> 新生銀 2.54ドル 1330円 (-60円) -4.32%
<6753> シャープ 3.1ドル 1303円 (-50円) -3.7%
<6723> ルネサス 3.61ドル 758円 (-28円) -3.56%
<5201> AGC 5.82ドル 3056円 (-94円) -2.98%


■その他ADR銘柄(22日)
<1801> 大成建 8.71ドル 3655円 (-110円)
<1925> 大和ハウス 27.65ドル 2902円 (0円)
<1928> 積水ハウス 18.49ドル 1940円 (-22.5円)
<2503> キリン 18.61ドル 1953円 (-28.5円)
<3407> 旭化成 17.58ドル 923円 (-13.9円)
<3938> LINE 51.09ドル 5361円 (-9円)
<4523> エーザイ 90.46ドル 9493円 (-74円)
<4704> トレンド 61.48ドル 6451円 (-9円)
<4901> 富士フイルム 47.59ドル 4994円 (-43円)
<4911> 資生堂 59.28ドル 6221円 (-68円)
<5108> ブリヂストン 15.83ドル 3322円 (-48円)
<5332> TOTO 44.82ドル 4703円 (-97円)
<6301> コマツ 22.72ドル 2384円 (-29円)
<6479> ミネベア 38.15ドル 2002円 (-37円)
<6503> 三菱電 27.55ドル 1446円 (-16.5円)
<6586> マキタ 47.46ドル 4980円 (-70円)
<6645> オムロン 76.1ドル 7986円 (-114円)
<6702> 富士通 26.79ドル 14057円 (-128円)
<6723> ルネサス 3.61ドル 758円 (-28円)
<6758> ソニー 78.7ドル 8259円 (-64円)
<6762> TDK 108.13ドル 11347円 (-163円)
<6902> デンソー 21.9ドル 4596円 (3円)
<6954> ファナック 19.22ドル 20169円 (-381円)
<6988> 日東電 30.71ドル 6445円 (-85円)
<7201> 日産自 7.16ドル 376円 (-8.1円)
<7202> いすゞ 9.1ドル 955円 (-25.5円)
<7203> トヨタ 132.25ドル 6939円 (-99円)
<7267> ホンダ 24.37ドル 2557円 (-56円)
<7270> SUBARU 10.03ドル 2105円 (-7.5円)
<7733> オリンパス 20.44ドル 2145円 (22円)
<7741> HOYA 108.98ドル 11436円 (-54円)
<7751> キヤノン 16.23ドル 1703円 (-21.5円)
<7974> 任天堂 71.5ドル 60026円 (326円)
<8001> 伊藤忠 50.88ドル 2670円 (-24円)
<8002> 丸紅 60.5ドル 635円 (0.3円)
<8031> 三井物 354ドル 1857円 (-20円)
<8053> 住友商 12.54ドル 1316円 (4円)
<8267> イオン 25.6ドル 2686円 (-55.5円)
<8306> 三菱UFJ 4.11ドル 431円 (-10.4円)
<8309> 三井トラスト 2.89ドル 3033円 (-2円)
<8316> 三井住友 5.76ドル 3022円 (-76円)
<8411> みずほFG 2.63ドル 138円 (-1.6円)
<8591> オリックス 65.48ドル 1374円 (-22.5円)
<8604> 野村HD 4.83ドル 507円 (-3.9円)
<8766> 東京海上HD 46.56ドル 4886円 (-41円)
<8802> 菱地所 15.27ドル 1602円 (-41円)
<9432> NTT 21.18ドル 2223円 (-30円)
<9735> セコム 23.24ドル 9754円 (-113円)
<9983> ファーストリテイ 62.37ドル 65451円 (581円)
<9984> ソフトバンクG 30.62ドル 6427円 (-118円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »