株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は小反落、ソフトバンクGとファーストリテの2銘柄で約46円分押し下げ  9月23日16時33分

23日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり73銘柄、値下がり149銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は小反落。日本の4連休中、欧州では新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて警戒感が強まった。米議会での与野党対立への懸念などもあって欧米株は下落し、為替市場では一時1ドル=104円台まで円高が進行。連休明けの日経平均はこうした流れを嫌気して114円安からスタートすると、前場中ごろには23154.45円(前営業日比205.85円安)まで下落する場面があった。ただ、値がさグロース(成長)株の一角に買いが入ったほか、後場に入ると日銀の上場投資信託(ETF)買い観測も広がって一時プラス圏に浮上した。

大引けの日経平均は前営業日比13.81円安の23346.49円となった。東証1部の売買高は15億1983万株、売買代金は2兆7632億円だった。業種別では、鉱業、鉄鋼、非鉄金属が下落率上位だった。一方、陸運業、小売業、海運業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の63%、対して値上がり銘柄は34%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約37円押し下げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、テルモ<4543>、オリンパス<7733>、スズキ<7269>、ホンダ<7267>どがつづいた。

一方、値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約24円押し上げた。米ハイテク株の下げ一服の流れが寄与したもよう。同2位エムスリー<2413>となり、NTTデータ<9613>、中外製薬<4519>、富士フイルム<4901>、ダイキン<6367>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  23346.49(-13.81)

値上がり銘柄数  73(寄与度+151.09)
値下がり銘柄数 149(寄与度-164.90)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        26920          665 +23.87
<2413> エムスリー       6550          170 +14.65
<9613> NTTデータ        1415           58 +10.41
<4519> 中外薬          4805           94 +10.12
<4901> 富士フイルム      5283          246 +8.83
<6367> ダイキン        19520          245 +8.79
<7832> バンナムHD       7258          239 +8.58
<6857> アドバンテ       5220           90 +6.46
<6762> TDK           11660          150 +5.38
<4568> 第一三共         9762          105 +3.77
<4452> 花王           8202          104 +3.73
<9766> コナミHD         4390           90 +3.23
<8267> イオン          2829         87.5 +3.14
<6971> 京セラ          6167           38 +2.73
<4751> サイバー         6220          350 +2.51
<9433> KDDI          2754.5         11.5 +2.48
<8001> 伊藤忠         2761.5         67.5 +2.42
<6976> 太陽誘電         3265           50 +1.79
<5631> 日製鋼          1784          242 +1.74
<9064> ヤマトHD         2706           48 +1.72

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6375         -170 -36.61
<9983> ファーストリテ    64620         -250 -8.97
<4543> テルモ          4145          -52 -7.47
<7733> オリンパス       2081          -42 -6.03
<7269> スズキ          4148         -155 -5.56
<7267> ホンダ         2539.5         -73.5 -5.28
<6954> ファナック       20420         -130 -4.67
<4324> 電通G           3200         -125 -4.49
<6758> ソニー          8204         -119 -4.27
<4507> 塩野義          5769          -99 -3.55
<4063> 信越化         14000          -90 -3.23
<4911> 資生堂          6210          -79 -2.84
<2502> アサヒ          3726          -73 -2.62
<1925> 大和ハウス      2835.5         -66.5 -2.39
<4502> 武田           3923          -66 -2.37
<4021> 日産化学         5420          -60 -2.15
<8015> 豊通商          3035          -55 -1.97
<8801> 三井不          1949          -52 -1.87
<7270> SUBARU          2068         -44.5 -1.60
<5901> 洋缶HD          1072          -43 -1.54





<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »