株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証大引け 小反落、海外株安重荷も下値限定 「配当狙いの買い」支え  9月23日15時32分

 23日の東京株式市場で日経平均株価は小反落し、前営業日に比べ13円81銭(0.06%)安の2万3346円49銭で終えた。日本の4連休中に欧米・アジアの株式相場が大幅下落して投資家心理を下向かせたが、下値では押し目買い意欲も強かった。

 フランスや英国など欧州で新型コロナウイルスの感染再拡大が深刻になっているほか、米国の追加経済対策の先行き不透明感が強まっているのを受け、国内でも投資家の運用リスクを回避する動きが先行した。下げ幅は一時200円を超えた。

 もっとも、後場に入ると日経平均は下げ幅を縮小し、上げに転じる場面もあった。日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ観測が浮上したほか、富士フイルムが昼ごろ、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」の承認申請を10月にも実施すると発表したのも支えとなった。市場では28日の権利付き最終日を控え「配当狙いの買いもかなり入り始めているようだ」(国内証券)との声も聞かれた。

 昼には菅義偉首相と日銀の黒田東彦総裁が首相官邸で会談し、思惑的な買いを誘ったとの見方もあった。

 JPX日経インデックス400は小反落し、終値は前営業日比3.27ポイント(0.02%)安の1万4792.60だった。東証株価指数(TOPIX)は反落し、2.17ポイント(0.13%)安の1644.25で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆7632億円。売買高は15億1983万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1367と、全体の約6割を占めた。値上がり銘柄は732、変わらずは77銘柄だった。

 日産自や三菱自、ホンダなどが売られた。ジェイテクトやNTN、日本製鉄やJFEも下落。T&DやSOMPOも安い。一方、富士フイルムが買われたほか、東エレクやアドテストも上昇。JR東日本やJR西日本も高い。ソフトバンクは親会社のソフトバンクグループによる売り出し株の受け渡し日で流動性が高まり、売買代金が2916億円と東証1部全体の約1割を占めた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »