株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「ゲーム関連」が18位、東京ゲームショウの初オンライン開催で注目集める<注目テーマ>  9月23日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 サイバーセキュリティ
3 電子政府
4 不妊治療
5 2020年のIPO
6 5G
7 オンライン診療
8 遠隔医療
9 人工知能
10 クラウドコンピューティング

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ゲーム関連」が18位となっている。

 きょう23日、ゲームの見本市「東京ゲームショウ」が開幕した。例年は幕張メッセが会場となっているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初のオンライン開催となる。また前日までの4連休中には、全国高校対抗のeスポーツ大会「STAGE:0」の決勝大会がオンライン形式で行われるなど、ここ直近で大規模なゲームイベントの開催が続いていることから、関連銘柄にも注目が集まりそうだ。

 主力銘柄としては、ソニー<6758.T>や任天堂<7974.T>、ディー・エヌ・エー<2432.T>をはじめ、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>、カプコン<9697.T>、コーエーテクモホールディングス<3635.T>などがある。

 また、スマホゲームなどを手掛けるガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>、Aiming<3911.T>、gumi<3903.T>、イグニス<3689.T>のほか、パソコン向けオンラインゲームを手掛けるネクソン<3659.T>なども注目度が高い。

 そのほか、ゲーム向けミドルウェアを手掛けるCRI・ミドルウェア<3698.T>、シリコンスタジオ<3907.T>をはじめ、KLab<3656.T>や日本一ソフトウェア<3851.T>、ブシロード<7803.T>、カヤック<3904.T>、GameWith<6552.T>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反落、連休中の欧米株波乱受けリスク回避
午前:債券サマリー 先物は続伸、長期金利0.005%に低下
◎23日前場の主要ヘッドライン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »