株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=フジシール、安定生産継続で来期増益転換へ  9月23日10時00分

 フジシールインターナショナル<7864.T>は、底値圏からの離脱の動きを強めている。

 同社は、熱収縮性ラベルの世界大手。第1四半期(4~6月)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛やイベントの中止、在宅勤務などに伴う小型ペットボトル飲料・パウチ飲料の需要減少、設備導入の延期・顧客工場への入場制限などを受けて、連結営業利益は35億400万円(前年同期比16.8%減)だった。

 ただ、グループ全体で安定供給体制を構築し、コロナ禍においてもサプライチェーンの寸断もなく、安定的に生産を継続している点は強み。国内をはじめとして、猛暑による飲料需要の拡大効果も期待できる。また、コロナ対策でHPC(ホーム・パーソナル・ケア)需要も堅調に推移しており、21年3月期通期営業利益予想の116億円(前期比8.2%減)は上振れも期待できる。また、22年3月期は同130億円を見込む調査機関もあり、増益転換が期待できそうだ。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
稀元素が急反落、今期大幅減益見通しと株主優待の廃止を嫌気
ワタベがS高、政府の新婚世帯への補助増額報道で思惑
チェンジが大幅続伸で上場来高値更新、今9月期営業利益3倍強見込みで更なる上振れも


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »