株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

F-ブレインは一時15%高、「攻撃遮断くん」の取り扱いを開始◇  9月25日10時06分

 フーバーブレイン<3927.T>は急反発し一時、前日比174円(15.3%)高の1308円に買われている。24日の取引終了後、サイバーセキュリティクラウド<4493.T>と取次店契約を締結し、クラウド型セキュリティー対策サービス「攻撃遮断くん」の取り扱いを開始したことを発表しており、これが好感されている。

 「攻撃遮断くん」は、深層学習(ディープラーニング)をもちいた独自の攻撃検知人工知能(AI)を活用したクラウド型WAF(Webサイトの脆弱性を突いた攻撃に対するファイアウォールの一種)サービス。F-ブレインは「攻撃遮断くん」を取り扱うことで、国外セキュリティーベンダーのWAF製品と含め、幅広い顧客層に対してWAFセキュリティーを提供するとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=ARM、「在宅うつ」増加で脚光浴びる
BASEが大幅反落、海外募集による120万株の新株発行を嫌気
エムスリーが反発、国内大手証券は目標株価7500円に引き上げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »