株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:東エレクやデンソーに注目  9月28日09時02分

先週末25日の米国市場では、NYダウが358.52ドル高の27173.96、ナスダック総合指数が241.30pt高の10913.56、シカゴ日経225先物が大阪日中比135円高の23165といずれも上伸した。28日早朝の為替は1ドル=105円60-70銭(先週末大引け時は105.35円付近)。本日の東京市場では、先週末の米国株高を反映してソニー<6758>、キーエンス<
6861>など大型輸出銘柄の買いが予想され、みずほ<8411>、三菱UFJ<8604>、野村<8604>といった大手金融株も軒並み高が期待される。また、政府の観光業支援策「Go To トラベル」キャンペーンの人気からJR東日本<9020>、JR東海<9022>も堅調が予想されるが、先週末に公募増資が報じられたANA<9202>は希薄化懸念から下落が予想される。また、半導体子会社キオクシアの上場中止報道から東芝<6502>も売り物に押されよう。
一方、強気の投資判断継続や目標株価の引き上げが観測されたエムスリー<2413>、ヒロセ電機<6806>、デンソー<6902>、日東電工<6988>、いすゞ<7202>、東エレク<8035>
などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »