株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オンキヨー---急落で年初来安値、上場廃止に係る猶予期間入り、20年3月期に33.55億円の債務超過  9月28日13時24分

急落で年初来安値。20年3月期に33.55億円の債務超過となり、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄になったと発表している。猶予期間は4月1日から21年3月31日まで。業績が改善できていないことに加え、株価下落で資金調達が計画を下回ったことなどが響き、同期の純損益は98.80億円の赤字となっていた。21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業損益はAV事業などの低調が続き、12.74億円の赤字(前年同期13.77億円の赤字)で着地した。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »