株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=日本一ソフト、巣ごもりによるゲーム需要増加も追い風  9月29日10時01分

 日本一ソフトウェア<3851.T>に注目したい。同社はPS4・PSV向けを主力とするゲームソフトメーカー。21年3月期第1四半期(4~6月)は国内向けに2タイトルを発売するとともに、インターネット環境でゲームソフトを購入できるPlayStationNetwork、ニンテンドーeショップなどを通じた販売などを行い、連結経常利益は前年同期比31.7%増の1億5700万円と好調。巣ごもりによる自宅でのゲーム需要増加も追い風になったとみられる。

 21年3月期通期の業績予想は未定としているが、配当は前期比横ばいの4円を継続する見通し。株価は、ここ2カ月ほど25日移動平均線を絡めた1000円前後での動きとなっていたが、9月18日に新作の発売時期が決定したことを受けて一時1146円まで上昇するなど動意含みで、中期的にもみ合い上放れの動きとなるかに期待がかかる。時価総額は50億円程度と小型で信用買い残も軽く、足の速さも魅力となる。(イ)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
rakumoの初値は3800円、公開価格の3.0倍
平和堂は新値追い、巣ごもり消費好影響で21年2月期業績予想を上方修正
ハローズは大幅反落、上期営業利益は56%も材料出尽くし感強まる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »