株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プロパテDBは4連騰で最高値射程、不動産DXで頭角現し業績好調  9月30日13時17分

 プロパティデータバンク<4389.T>は4連騰、全体相場が下げ幅を急速に拡大するなかにあって強さを発揮している。不動産運用管理ソフトをクラウドで提供、特にREIT向けで強みを発揮する。不動産業界は業務効率化の観点でICT化が課題となっており、同社は不動産デジタルトランスフォーメーション(DX)を担う関連有力株に位置づけられる。業績も好調で21年3月期営業利益は前期比16%増の3億7000万円を見込むが上振れる可能性もある。今月初旬に上場来高値2318円をつけた後にいったん調整を入れたが、中旬を境に売り物が枯れ急速に買い直された。時価は最高値更新を射程圏に入れている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
日経レバ後場一段安で2万1000円割れ、大統領候補の討論はバイデン氏優勢との見方
サムティは後場一段高、20年11月期業績予想のレンジ下限引き上げ好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »