株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CAC Holdings---長崎拠点での金融機関向けシステム開発サービスの提供を開始 10月01日16時22分

CAC Holdings<4725>の子会社であるシーエーシー(CAC)は9月30日、長崎県内の事業拠点において、金融機関向けITサービス(システム開発)の提供を開始すると発表した。

本年12月からのサービス提供開始に向けて、長崎県内で人材の採用および現地IT企業からのビジネスパートナーの受入れを進める。
長崎県においてCACは、2019年7月に拠点(長崎市元船町)を開設して顧客企業の給与計算など人事業務のアウトソーシングサービスを開始し、製薬企業向けITサービスの提供を始めており、さらに今般の金融機関向けシステム開発業務の開始へと、長崎を拠点とする事業の拡大を進めている。

同社は今後も、長崎を拠点に、幅広い業種の顧客企業向けにシステムの開発・運用、ITを活用したビジネスプロセスアウトソーシングなどのサービスを提供していくとともに、事業の拡大を通じて長崎県の活性化・発展にも貢献していく考え。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »