株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

OTSが新型コロナのペプチドワクチン開発に着手、PTSで株価急伸 10月01日14時52分

 オンコセラピー・サイエンス<4564.T>は、新型コロナウイルスの感染制御と重症化の抑制を目指したペプチドワクチンの研究開発に着手し、特許出願を完了したと、この日の早朝に発表した。この発表を受け、同社の株価は私設取引システム(PTS)で急伸している。

 同社は、がんワクチンの研究開発に取り組んでおり、そのがんワクチン研究開発で培われてきた解析技術を新型コロナのペプチドワクチン探索研究に応用し、研究を進めてきた結果、安全性の高い開発候補品を見出すことに成功した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
欧米(1日)の注目経済指標=米ISM製造業景気指数など
<個人投資家の予想> 10月01日 14時
ワッツの20年8月期業績は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »