株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エムビーエス大幅安、新型コロナの影響で第1四半期は900万円の営業赤字 10月15日09時38分

 エムビーエス<1401.T>が大幅安となっている。同社は14日取引終了後に、21年5月期第1四半期(6~8月)の単独決算を発表。営業損益が900万円の赤字(前年同期は3200万円の黒字)となったことがネガティブ視されているようだ。

 売上高は前年同期比23.8%減の5億2200万円で着地。新型コロナウイルスの感染拡大による工事の一時中止や延期、受注の遅れなどで、主力のホームメイキャップ事業(劣化した建物外壁の美観を再現し、環境への耐性を強化するサービス)が苦戦したことが響いた。なお、通期の業績予想については、新型コロナの影響が読みにくいとして引き続き未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<10月14日の5日・25日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
15日韓国・KOSPI指数=寄り付き2375.91(-4.57)
ラクスは新値追い、21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »