株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本情報Cが続急落、東証がきょうから信用規制を強化 10月15日12時52分

 日本情報クリエイト<4054.T>が続急落。14日取引終了後、東京証券取引所と日本証券金融が15日売買分から信用取引に関する臨時措置を強化すると発表しており、これが弱材料視されている。

 東証は委託保証金率を現行の50%以上から70%以上に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の50%から70%に引き上げる。信用規制の強化を受けて人気離散などが警戒されているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位に古野電
<個人投資家の予想> 10月15日 12時
サイゼリヤが一時7%超安と急落、2期連続の最終赤字予想を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »