株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小反発、材料株などに物色集中 10月19日16時22分

 本日のマザーズ指数は小反発となった。週末の欧州市場が総じて堅調だったこと等を背景に日経平均同様にマザーズ指数にも買いが先行。その後はマイナスに転じて1288.71ptまで下落するも切り返して前週末終値水準を挟んでもみ合う展開。後場はプラス圏を維持していたものの、前場につけたきょうの高値は超えられず、こう着感が意識されていた。なお、マザーズ指数は小反発、売買代金は概算で2142.19億円。騰落数は、値上がり203銘柄、値下がり114銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、ネットでサービスを売れるサイト「MOSH」の運営企業への出資を発表したBASE<4477>がマザーズ売買代金トップにランクイン。直近IPO銘柄ではグッドパッチ
<7351>が一時4300円まで買われた他、タスキ<2987>が14%高と急伸。「在宅患者のリハビリ、遠隔で心機能など把握」と一部メディアが報じたサイバーダイン<7779>、鬼滅の刃関連とされるエディア<3935>などにも物色が見られた。その他、AIinside<4488>、ビザスク<4490>、TKP<3479>、AI CROSS<4476>などが買われた。一方、GMOフィナンシャルゲート<4051>を筆頭にHENNGE<4475>や農業総合研究所<3541>など足元で強い値動きが目立っていた銘柄が売りに押された。その他、ロゼッタ<6182>、ヘッドウォータース<4011>、トヨクモ<4058>、マネーフォワード<3994>、セルソース<4880>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »