株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:1ドル105円40銭前後で推移、中国経済指標を見極めへ 10月19日10時30分

 19日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=105円38銭前後と前週末の午後5時時点に比べ8銭程度のドル高・円安となっている。

 16日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=105円40銭前後と前日に比べ5銭程度のドル安・円高で取引を終えた。欧米で新型コロナウイルスの感染者が再拡大していることなどを背景にドル売り・円買いが先行したものの、米9月小売売上高が市場予想を上回ったことを手掛かりに下げ渋り一時105円44銭まで値を戻した。

 東京市場に移ってからは、日経平均株価の上昇などを手掛かりに、午前9時40分過ぎには105円50銭まで強含む場面があった。ただ、その後は15日の高値105円49銭や14日の高値105円52銭が意識されるかたちで伸び悩む展開。きょう午前に中国の経済指標(7~9月期GDP、9月小売売上高、9月鉱工業生産)の発表が相次いで発表されることも上値の追いにくさにつながり、105円40銭前後まで押し戻されている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1723ドル前後と前週末の午後5時時点に比べ0.0008ドル程度のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=123円54銭前後と同20銭弱のユーロ高・円安で推移している。


出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
1stコーポ反発、建築構造物にかかる「新構造システム」に関する特許を共同出願
SUMCOが反発、国内大手証券が新規「1」でカバレッジを開始
CACは6日ぶり反発、ユアサ商と資本・業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »