株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アルファPが年初来高値更新、「月が導く異世界道中」アニメ化決定を発表 10月21日14時06分

 アルファポリス<9467.T>は大幅反発し年初来高値を更新した。20日の取引終了後、人気小説「月が導く異世界道中」の2021年テレビアニメーション化が決定し、原作小説及びコミックスの最新巻も順次刊行すると発表しており、これが好材料視されている。

 原作小説は、アルファポリス「第5回ファンタジー小説大賞」読者賞を受賞。とことん不運、されどチートな薄幸系男子と、周囲をとりまく個性豊かなキャラクター達が話題を呼び、現在まで電子版を含むシリーズ累計140万部突破のヒットとなっている。アニメ化決定に伴い、原作の販売増と業績への寄与が期待されているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ビルファンドが11連敗、公募価格決定後も下げ止まらず軟調展開◇
高砂鉄が安い、未定としていた21年3月期業績予想は営業赤字予想で無配へ
アイピーエスは後場急伸、国際海底ケーブルC2Cの一部提供で収益計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »