株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=システムディ、教育分野向けが好調 10月21日10時00分

 システム ディ<3804.T>は、上値慕いの展開が期待できる。

 同社は、学校やウェルネス施設、自治体向けに、業種・業務に特化したパッケージソフトを開発・販売している。新型コロナウイルスの影響により、ウェルネスソリューション事業におけるスポーツ施設やフィットネスクラブ向け施設運営支援システムの減速が懸念されるものの、足もとで学園ソリューション事業や公教育ソリューション事業など教育分野が好調に推移している。

 9月14日に発表した第3四半期累計(19年11月~20年7月)連結決算は、営業利益5億1900万円(前年同期比93.7%増)で、20年10月期通期業績予想6億700万円(前期比13.4%増)に対する進捗率は85%に達し、通期業績予想は上方修正の可能性が大。21年10月期は営業利益で9億円台半ばを見込む調査機関もあり、高成長が期待できそうだ。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
Ciメディカが18年4月以来の1万円大台回復、20年12月期業績予想を上方修正
21日韓国・KOSPI指数=寄り付き2363.03(+4.62)
コメリが反発、園芸用品やDIY用品など好調で21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »