株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Defiプロジェクト「RenVM」(3)【フィスコ・暗号資産コラム】 10月21日18時30分

「Defiプロジェクト「RenVM」(2)」(※1)でも述べた通り、renBTCの担保となるBTCについては、承認作業を「(ランダムに抽出されるダークノードの)シャード」と「Grey Core」の2つが担う。renBTCの担保資産となるBTCを攻撃するためには、シャードとともに「Grey Coreの1/3」を攻撃する必要がある。「Mainnet SubZero」ではGrey Coreのノードは世界各地の13ヵ所に分散されているため、このうち5つが攻撃されることを意味するが、renVMのCEOは「これは現実的ではない」としている。

選出条件はまだ不明であるが、「Mainnet One」以降は、Grey Coreはコミュニティによって選出される。攻撃のためには「コミュニティ・ノードの1/3以上」+「Grey Coreのメンバーの1/3以上」を乗っ取ることが必要となるが、承認作業を行うダークノードは常にランダムに抽出される。

2018年2月17日にトークンセールが実施され、RENの発行総数の60.2%が販売された。販売された資産はアンロックされている。この他、開発チームに5%、ファウンダーやアドバイザーに9.9%、リザーブに19.9%が割り当てられている。9月1日、RENトークンは過去最高値となる約0.6ドルに上昇した。その後、価格は下落が続いていたが、10月6日にCoinBase Proに上場されてからは上昇に転じた。DeFiプロジェクトの中では、RENの時価総額は5位(10月12日時点、CoinMarketCap)である。

10月6日以降はChainLinkと提携し、renVM上で発行されたrenBTCなどの資産に対して、担保が常にオンチェーン上で確認できることになった。ただし、REN価格の外部取得は未実現である。

※1:https://web.fisco.jp/platform/market-news/0010810020201021001



<RS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »