株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=パイプドHD、事業の柱「スパイラル」が順調に拡大 10月22日10時00分

 パイプドHD<3919.T>は9月24日に直近高値1966円をつけたあと調整入りとなったが、75日移動平均線を割り込むことはなく下値は堅い印象。足もとでは5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが目前となっており、再度の上値追いに期待したい。

 同社は情報資産プラットフォーム「スパイラル」が事業の柱で、企業の業務効率化ニーズが追い風。今年5月には「スパイラル」を用いた業務効率化ソリューションとして「バーチャル株主総会ソリューション」の提供を開始するなど、拡販活動に注力していることが奏功し順調に事業が拡大している。販促CRMソリューション事業や広告事業は新型コロナウイルス感染症拡大の影響をやや受けているが、21年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結経常利益は前年同期比1.0%増の5億5700万円で着地。通期の連結経常利益予想は10~12億円とする従来計画を据え置いている。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
レッグスが一時ストップ高と急騰、20年12月期業績予想の増額修正を評価
22日韓国・KOSPI指数=寄り付き2355.61(ー15.25)
シスロケが年初来高値更新、21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »