株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブイキューブ Research Memo(9):配当方針は連結配当性向20%を目安に将来的に30%を目指す 10月23日15時09分

■株主還元策

ブイキューブ<3681>は2019年12月期に1株当たり配当金で1.0円とする、創業来初の配当を実施した。従来は事業成長のための投資を最優先としてきたが、2018年12月期以降取り組んできた事業構造改革の結果、財務体質の改善が進み、安定した配当を継続していくことが可能と判断したためだ。2020年12月期以降も財務状況を鑑みながら配当を継続していく方針となっており、原則、一過性の利益を除く親会社株主に帰属する当期純利益に対して20%の配当性向を目安とし、将来的には30%に引き上げていくことを目指している。2020年12月期については同方針に基づき、1株当たり配当金を前期比1.0円増配の2.0円とすることを発表している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »