株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ディーエヌエ、ライブ配信の成長ポテンシャルに見直し余地大 10月23日10時01分

 ディー・エヌ・エー<2432.T>に注目したい。ライブ配信業界は2022年までに1000億円規模と急成長が見込まれるなか、業績面・指標面で見直しの余地が大きい。

 20年3月期が営業赤字となるなど業績の悪化を受けて株価は水準を切り下げた。21年3月期業績予想は未定としているものの、第1四半期連結営業利益が前年同期比5.4倍の125億7000万円で着地し業績のV字回復を果たした。ゲーム事業が業績の最悪期から脱却したほか、ソーシャルライブコミュニティーのPococha(ポコチャ)やライブパフォーマンスを配信する仮想ライブSHOWROOM(ショールーム)などのサービスを含むライブストリーミング事業が急成長していることが寄与した。同事業の売り上げは前年同期比3.3倍の57億4200万円となっており、今後の展開に注目したい。

 株価は10月8日に年初来高値2002円をつけたあと調整しているが、1700円台後半に位置する13週移動平均線にサヤ寄せする場面は買いで対処したい。改めて上値を試す展開が期待される。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
カカクコムやZOZOが急落、日経平均採用外れ失望売り膨らむ◇
メディカルNは新値追いも値を消す、子会社を通じてタイの歯科医院運営会社を買収へ
長野計器が大幅続落、21年3月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »