株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CAICA---ブロックチェーンを活用したトークンエコノミープロジェクトに着手 10月27日15時30分

CAICA<2315>は26日、子会社のCAICAテクノロジーズとジオファーム八幡平は、引退した競走馬のセカンドキャリア形成を支援するプロジェクトにブロックチェーン技術を適用する実証実験に着手した。

本プロジェクトでは、ブロックチェーン技術を活用し、馬から始まる経済圏を形成して、引退馬のセカンドキャリアの場を提供することを目指している。ジオファーム八幡平が生産しているマッシュルームが馬由来(馬厩肥を利用して栽培)であることを証明し、マッシュルームに付加価値を与える。 具体的には、マッシュルーム生産工程のエビデンスをブロックチェーンに格納し、馬由来のマッシュルームであることを証明する予定。また、馬由来のマッシュルームのパッケージにQRコードを貼り、マッシュルーム購入者はQRコードを読み取ることで、自分のアカウントに紐づくトークン管理用ウォレットでトークンを受け取り、取得したトークン量に応じて、協賛企業から提供されるサービスを受けられる仕組みとなっている。ブロックチェーンは改ざん不可という特徴があり、マッシュルーム生産工程のエビデンスをブロックチェーンに格納することで、改ざんされることのないエビデンス検証が可能なり、食の安全につながると考えている。
なお、本プロジェクトは、CAICAテクノロジーズが地域創生に向けた1つの取り組みであり、持続可能な開発のための目標(SDGs)達成に向けた取り組みの1つとして位置付けている。本プロジェクトは2020年12月初旬に岩手県内にて実証実験を予定している。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »